会社概要COMPANY

会社概要

ご挨拶

「より精密に」を考え昭和2年の創業以来、品質の高い治工具・航空機部品の製造および販売を中心に、日々努力を重ねて参りました。日本経済の発展と共に歩んだ長い道程で得た技術に磨きをかけ、そして皆様からの製品への多大なる信頼は、私たちの明日への原動力でもあります。
今後も社会のニーズはますます多様化し、特殊化に拍車がかかってゆくことでしょう。社会の「安全と安心」を支えることにより、優れた製品作りを目指して、常に皆様のニーズを敏感に捉え独自に培ったノウハウを活かして更なる躍進を続けて参ります。
今度ともご指導・ご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

社屋 伊藤精密工具製作所

概要

社名 株式会社 伊藤精密工具製作所
代表 伊藤 政憲
所在地 〒454-0024  愛知県名古屋市中川区柳島町4-10
TEL / FAX 052-361-7537 / 052-352-3180
従業員 28名
設立年月日 昭和2年10月
資本金 2,000万円
営業品目 検査測定用治具
・プラグゲージ
・リングゲージ
・ネジゲージ
・ハサミゲージ
・スプラインゲージ
・テーパーゲージ
・複合ゲージ 他

治具・治工具
・テンプレート
・スピンドル
・アーバー
・クイル
・ブロック
・特殊チャック及びコレット
・その他特殊工具

精密研磨加工部品
・航空機部品
・医療部品 他
主要取引先 アイシン精機株式会社
アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
アイシン・エーアイ株式会社
アイシン機工株式会社
三菱重工株式会社
その他多数
取引先銀行 中京銀行      八熊支店
百五銀行      八田支店
名古屋銀行     八熊支店
三菱東京UFJ銀行  尾頭橋支社

沿革

昭和2年10月 創立者伊藤一郎が名古屋市中村区福住町において、航空部品を製造する伊藤鉄工所を創業。
昭和16年3月 現住所に会社移転。三菱重工業、岡本工業(航空機)の協力工場となる
昭和19年3月 軍需省監督工場となる
昭和20年5月 空襲により建物全焼、愛知県海部郡佐織町に疎開する
昭和22年10月 現住所にて復帰、業務再開
昭和35年10月 事務所本館が完成
昭和36年10月 初代代表取締役社長伊藤一郎が資本金300万円にて、タップ、ダイス、各種ゲージ、治工具を製造する。
株式会社伊藤精密工具製作所として改組
昭和38年9月 第一工場を改築
昭和46年3月 資本金を600万円に増資
昭和54年4月 伊藤正次が第二代目代表取締役社長に就任
昭和55年3月 資本金を1,200万円に増資
昭和62年3月 資本金を2,000万円に増資
平成元年4月 伊藤晃郎が第三代目代表取締役社長に就任
平成2年10月 業務拡大に伴い、同地に第二工場を新築完成
平成11年9月 三次元測定機導入
平成15年8月 CAD・CAMシステム構築
平成19年3月 NCジグ研削盤導入
平成19年10月 伊藤政憲が第四代目代表取締役社長に就任
平成21年3月 ISO9001(品質)/14000(環境)承認取得  登録事業所:本社
平成24年12月 タイ現地法人GTI Thailand Co.,Ltdを設立(タイ、サムットプラカーン県)
平成26年10月 新事務所本館が完成

アクセス